ある町に、2軒の家が隣り合わせに建っていました。

一軒の家は7人暮らしでしたが、いつもにぎやかで一家団欒の楽しそうな声が絶えませんでした。
もう一軒の家は3人の家族なのに、毎日ケンカが絶えず、面白くない日ばかりを送っていました。

どうして隣はいつも睦まじく暮らしているのだろうと、3人家族の主人が、隣の家にそのわけを聞きに行きました。

「あなたの家はいつも仲良く暮らしているのに、私の家ではケンカばかりです。
どうしてなのでしょう?」

すると、隣の家の主人は言いました。
「それはあなたの家が善人ばかりの家だからでしょう。
それに比べて私のところは、悪人ばかりの家だからなんですよ。」

その意味が理解できないので、3人家族の主人はさらに聞きました。
「どうしてもよく分かりません。
悪人ばかりの家だったら、余計にケンカが絶えないはずですし、逆に善人ばかりだったら仲良くするはずですよ。」

「いえ、そんなことはありません。たとえば夕飯のおかずが少なく、ご馳走じゃないとします。

そんなとき、
妻がこんなものしか作れなくてスミマセンと言い、
私は自分の稼ぎが少なくていつも悪いなと言い、
両親はいやいや、私達がいるから、おかずが少なくなって申し訳ないと言い、
子供は学校の帰りが遅くなり、お母さんの手伝いができなくって、ごめんねというんです。

つまり、みんな自分が悪いと思っているので、ケンカしようがないのです。

それに対して、あなたの家ではおそらく、みんな自分は善人だと思っているから、
それぞれ自分の非を認めたがらないのでしょう。」

それを聞いて、訪ねてきた主人は返す言葉がありませんでした。


涙が止まらないから転載