人生という名の遊び場で、いま、ここを活かされ、すてきに活きる

時代の本質をとらえた、心に残るすてきなメッセージ[構想、視点、こころ]と、新たな気付きをあなたに届けます。みずみずしく、活き活きとした、すてきな旬(ときめき)を一緒に探しにいきましょう。      ◆◇たきがみ博士が選ぶ”すてきなメッセージ”のおすそわけ◇◆

2012/10

地方の過剰債務、不動産業界の資金繰り悪化、闇融資……中国銀行の「不良債権比率1%」の嘘に潜む時限爆弾 

2012年10月18日(木)14時56分 
ミンシン・ペイ(米クレアモント・マッケンナ大学教授) 


金融システムが崩壊するきっかけはいろいろある。だが根本的な原因は皆同じ。信用の爆発的な拡大だ。だとすれば、近年の中国における安易な信用供与が何をもたらすか、私たちは大いに心配するべきだ。 

09年〜今年6月末の中国の金融機関の新規貸出総額はおよそ35兆元(約434兆円)。これは昨年1年間のGDPの73%に相当する。 

このうち3分の2は、中国政府が景気刺激策を打ち出した09〜10年に貸し出された。世界同時不況が現実味を帯びた当時、欧米諸国は財政赤字を増やして景気刺激策を打ち出した。これに対して、中国は景気対策の60%以上を銀行融資で賄ったことになる。 

新規貸し出しという形で数兆元を市場に供給することで、中国政府は高成長を維持するという目的を達成した。その決然たる態度は世界中から称賛を浴びたが、行き過ぎた信用拡大は不動産バブルを招き、国有企業の浪費を助長し、地方政府による無計画なインフラ投資を促した。 

結果は予想どおりだ。金融機関は大量の不良債権を抱えることになったのだ。10年末に中国人民銀行(中央銀行)と金融規制当局が警告を発したが、既に手遅れだった。 

簡単にカネを借りられる気安さから、地方政府は莫大な債務を抱え込んだ。そのほとんどは当局の権威を誇示するプロジェクトや、経済的に無意味なプロジェクトに投資された。

日本の会計検査院に当たる国家審計署によれば、10年末の地方政府の債務残高は計10兆7000億元(約132兆6800億円)に上った。米ノースウェスタン大学のビクター・シー准教授(政治学)は、もっと多い15兆4000億〜20兆1000億元(中国のGDPの40〜50%相当)とみる。 

シーによれば、このうち地方政府が銀行融資を受けるときにつくる受け皿会社(LGFV)の債務残高が9兆7000億〜14兆4000億元を占める。 

このLGFVは、底無しの穴に優良資金をつぎ込むことで知られる。ということは、投資したプロジェクトがまともな収益をもたらさずに債務の返済に行き詰まる可能性が高い。 

たとえ焦げ付きの割合が10%程度だったとしても、銀行にしてみれば1兆〜1.4兆元の貸し倒れになる。それが20%になれば(こちらのほうが現実的な数字だ)、銀行は2兆〜2兆8000億元の損失を被る。それはこれら金融機関の収支全体に大打撃を与えるだろう。 

◇破綻ドミノは始まっている 
中国政府はこの時限爆弾の存在に気付いている。だが打ち出した対策は、期日の迫った地方政府の債務返済期限を1年先送りするよう金融機関に義務付けただけ。これでは爆発を先延ばししたにすぎない。 

中国共産党はこれから大規模な指導部の交代を控えている。そんなときに金融業界で大混乱が起きたら大変だ──そんな思惑があったのは間違いない。 
だが時限爆弾の時計は止まっていない。むしろ爆発の時は刻々と迫っている。では、LGFVの債務焦げ付きの次は何が起きるのか。 

09〜10年の金融バブルに踊ったのは、地方政府だけではない。裸で海水浴をしていた人が、引き潮になってその姿をさらすように、中国経済の成長が減速化するに従い、バブルの加担者がぞろぞろと姿を現している。 

例えば、借り入れに過度に依存してプロジェクトを進めてきた不動産開発業者。彼らは今や破産寸前で生き残りに必死だ。中国のメディアでは、破綻した不動産開発業者の自殺が何件か報じられている。 

破産して行方不明になったビジネスマンもいる。香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが今年5月に報じたところによると、昨年だけで莫大な債務返済を逃れるために行方をくらませた企業経営者は47人もいたという。 

◇銀行が秘かに行う闇融資 
不動産開発の次に破綻の波がやって来るのは製造業だ。国有企業か民間企業かを問わず、製造業は恐ろしく利幅が小さい。その上設備過剰という構造的欠陥を抱えているから、景気が悪化すれば全産業で在庫と返品が急増するだろう。 

だが在庫を割引価格で処分すれば、わずかな利益が吹き飛んでしまう。景気のいいときに借りた資金は、間違いなく返済できなくなる。 

空前の金融危機が最大の打撃を与えそうなのは、中国の闇融資システムだ。中国の銀行は預金業務から得られる利益が乏しく(預金利率が規制されているため)、他行との預金獲得競争も厳しい。そこでここ数年、複雑で無規制の闇金融が大きな成長を遂げてきた。 

典型的な例として、投資家は預金金利よりも高利回りの「資産管理商品」と呼ばれる金融商品を勧められる。規制当局の監視の目を逃れるため、その取引は銀行の帳簿に記載されない。 

格付け会社フィッチレーティングス(中国)のシニアディレクターであるシャーリーン・チューによれば、今年6月末の時点で、中国における資産管理商品への投資残高は計10兆4000億元に上る。銀行への預金総額の11・5%に相当する規模だ。 

銀行は資産管理商品で集めた資金を、「オモテ」の金融システムでは融資を断られる企業や不動産開発業者に貸し付けることが多い。こうした借り手は信用力が低い(返済能力が低いと見なされる)から、高い返済利率を適用される。 

そのぶん銀行側にとってはリターンが大きいが、貸し倒れリスクも大きい。資産管理商品絡みの焦げ付き融資がどの程度に達するかは推測の域を出ないが、10%と控えめに見積もっても、銀行側の損失は1兆元に上る。 

闇融資には別の機能もある。政府の規則では明確に禁じられている融資先や活動に資金を供給することだ。過去2年ほど、国務院は不動産バブルを抑制するため、不動産開発業者に対する銀行融資を規制してきた。 

だが銀行は表向きは銀行間取引を装って、キャッシュフローが悪化している不動産開発業者に資金を回している。それは銀行自身の生き残りのためでもある。巨額の貸し付けをしたのに、事実上返済を滞納している不動産開発業者に資金を回さなければ、銀行は不良債権として損失勘定しなければならなくなる。 

こうした融資は、バランスシート上は他の金融機関への貸出金として勘定されている。最近のウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道によると、現在、中国の銀行間融資は総貸付残高の43%を占める。09年末と比べると70%の伸びだ。 

困ったことに、こうした巨大なリスクは中国の銀行の帳簿には一切反映されていない。最近の業績発表で、大手国有銀行はそろって堅調な収益と高い自己資本比率、そしてわずかな不良債権を報告した。銀行業界全体が抱える不良債権は総貸付残高のわずか1%とされている。 

果たして私たちの目がおかしいのか、それとも中国の銀行が時限爆弾を隠そうとしているのか。真実はどちらか1つだ。 

いまを楽しんで活きる 

無理しない、こだわりすぎない、よくばらない、つっぱらない 

頃合い、融通をきかせる、ほどほどに 



ワークライフバランスという言葉がある。 
仕事と生活を50パーセントずつ大切にする。 
なんとなく、ちょっと引けた感じがする。 
こういうの、ぼくは嫌い。 
仕事も生活も丸々楽しみたい。 

いい生活が、120パーセントの仕事の成果を生む。 
いい仕事が、120パーセントの心豊かな生活を生み出す。 
これがワークライフシナジー。 
ワークライフバランスとはちょっと違う。 
仕事と生活が、相乗効果を生み出すのだ。 
これが、ぼくの言ういい加減な生活。 

いい加減な生き方を日本人は嫌ってきた。 
いい加減を超えて、もっともっとがんばらないと許されない。 
とことん、最後の汗の一滴まで出し切らないと認めてもらえない。 

豊かになったけど、幸せを感じにくい国。 
幸せになるために生きているのになあ。 

生きるために、仕事はとても大切。 
その仕事を支えてくれる、いい生活が必要。 
いい生活があると、いい仕事が生まれる。 
これが、いい加減な関係だ。 
勇気をもって、いい加減に生きていく。 


*「いいかげんがいい」鎌田 實 著 より 

◆ 学者をしていても、商売をしていても、 
   ここは人生賭けてなんとか乗り越えなあかんという時が必ずある。 

   そして、その勝負に打ち克ち、 
   乗り越えて初めて道が拓ける。 

   ずーっと順風満帆なんていうことはあり得ませんよ。 



 ◆ 人よりいろいろな経験はしてきたかもしれませんが、 
   僕自身は深刻になったり、人生を悲観することはなかったんですね。 

   そしてどこかに 
  「十年先か二十年先か分からないけれど、 
   必ずこれが自分の宝物に替わる」 
   と思っていたところがありました。 



 ◆ 人と人は、その人の最も核となるもの、 
   基底部を成している傾向性が共鳴し合う。 

   要するにどんな人に出会い、縁を結んでいくかは、 
   その人の「命の器」次第ということです。 

   そして、その出会いの質を変えるには、 
   自分が変わるしかないんです。 



 ◆ 自分の仕事を最後まで手を抜かずにやることですね。 
   みんな与えられた仕事があります。 
   主婦には主婦の仕事があるんです。 
    
   自分に与えられた仕事、自分に与えられた役割を、 
   手を抜かずやり尽くすことが人生では大切だと思います。 



 ◆「足下を掘れ、そこに泉あり」という言葉がありますが、 
   皆、自分の足元を掘っていったら、 
   必ず泉が湧いてくることを忘れているんです。 
    
   与えられた仕事をコツコツと地道にやり続けた先に、 
   自分にしか到達できない泉がある。 
  


宮本輝氏の我が人生を支えた人生訓より 

小さな店であることを 

恥じることはないよ 

その 

小さなあなたの店に 

人の心の美しさを 

一杯に満たそうよ 





商売とは 

人の心の美しさを 

出し尽くす業(なりわい) 

あなたの 

商人の姿に 

前だれをかけた 

み仏をみたい 





商売の道は人間の誠実を尽す道でありたい 

-店のつくりで 

蛍光灯で 

アーケードで 

お店をひきつけようとする前に 

私の店は正直な店ですと 

唯この一言を 

天地に恥じず云い切れる商売をしようよ 

-商品の豊富さを誇る前に 

値段の安さで呼びかける前に 

一つ一つの商品に 

あなたの実印を捺して差し上げたい 





私の生涯の願いは 

タッタ一人でよい 

この店は 

私にとっては 

だいじな店ですと 

いって下さる 

お客という名の 

友人をつくること 




ゼニ儲けの 

方便だと 

今日という日まで 

思いこんでいたが 

わが商売こそ 

生涯をかけた 

人生の生業である 

尊いかな 





あなたの今日の仕事は 

タッタひとりでよい 

この店へ買いにきてよかったと 

満足してくださるお客さまを 

つくることです 

あなたのお店があるおかげで 

ひとりのお客さまが 

人生は愉しいと 

知ってくださることです 





もっと信念をもとうよ 

もっと誠実であろうよ 

もっと良識を養おうよ 

商人としての生涯をかけて 

もっと立派な 

もっと美しい商人の業を 

ひとりひとりのお客に見せようよ 





ひとりひとりのお客を大事にし 

この店に買いに来てよかったと思わせ 

できうる限りをつくし 

店が現実に伸びてゆくだけの 

利益で満足し 

わが生涯をかけるこの小さな仕事を 

世の中のために大事なものだとし 

一介の商人であることに 

生きがいと誇りとを感じる 

私はそういう商人になろう 






<商人の道> 
小売店の繁盛はその店がお客との間にこころの結びつきを、どれほど深くつくり得るかによってきまる。 
このような人間的な親愛の情というものは、いわゆる社会的な信用というような漠としたものではなく、お互いをこころから信じあえる喜びなのである。 
お客との間にそういう親愛の流れをつくることが、小売店経営でのいちばん大事な仕事であると、私は信じる。 

資本、設備、経営技術によって小売店の繁盛が決まるとは思えない。 
それ以上にたいせつなことは、お客のための店という経営精神が店の隅々にまでにじみ出ていることである。 
住みづらいこの世の中にあって、より良いあすを求めて今日の生活と闘っている多くの消費者は、自分たちの生活のために友人としての温かな手をさしのべてくれる商人の在ることを求めている。 
社会大衆に生きることの喜びと明日への力を与えうるものは、小売商人である。 

消費者は単にモノを求めているのではない。 
モノとカネとの取引をこえて、商人の人間を求めている。 
誠実な、正直な、温かな人間のこころを、商人に求めている。 
ひとりのお客の喜びのために誠実を尽くし、ひとりのお客の生活を守るために利害を忘れる。 
その、人間としての美しさこそ、小売店経営の姿としたい。 
その日その日の経営の苦しさに耐え、わずかな利潤でお客の望みをかなえてさしあげ、わが生涯を一商人として、おしみなく使いきれるものは、たったひとつの”お客のために私はある”の自覚と誇りではあるまいか。 

ゼニ儲けの方便だと思っていた小売業が、わが生涯をかけて人間の聖業であるとわかった時、ひとりのお客のために商人としての命をかけることに、生きがいを知る。 
小売業とは人間愛の聖業である。 
日々、誠実の業を行うべし。 
商人の生きる道である。 

今日は、商人われを完成するための日である。 
不断の精神を通じて、ひとりの美しい人間に成長していきたい。 
あなたが生涯をかけた仕事の尊さを、知ろうよ。 
あなたの商人としての姿に、わたしは前垂れをかけた御仏をみたい。 

  121006

   岡田 徹(おかだ とおる) 

戦前から戦後にかけて活躍した商業経営指導家。商人の哀歓と経営近代化に乗り出す決意や情熱、悩みを生々しくとらえて、圧倒的な支持を得た。 




商売だけではなく私たちの人生でも、一人ひとりのこころが現れる人生を歩むことになるのでしょう。いつも心掛けていきたいものです。 

「諸君、拍手を! 喜劇は終わった」 

数々の苦悩を乗り越えたベートーベンでしたが、 
人生を終えるとき、自らの人生を喜劇にたとえたのです。 

121008

僕たちはみな、自分の人生という舞台で主役を演じる役者です。 

自分という役を存分に演じ切り、その舞台を愉快な喜劇にしたいものです。 


*野口さんからいただきました。

悲観主義は気分に属し、楽観主義は意思に属する。 

成り行きにまかせる人間は、ふさぎこんでいるものだ。そういう人間は、やがていらだち、憤怒にかられる。 
楽観主義は、誓いを要求するものである。 

自分の感情を野放しにしておくと悲観的になりやすいので、自分は幸せになるのだと決心することが必要である。この様に決心したとき、幸せな状態になっていることに気付く。

*フランスの哲学者 アラン 幸福論より

人生の中で起きてくる波乱万丈の出来事を、すべて楽しむ! 

嫌なことや失敗に直面しても、やれやれ、またお出ましになったかと、おおらかな気持ちで受け止め、対処する。 


人はみな幸せを探し求め、環境や人物の外的要因が自分に何か良いことをしてくれるのではないかと期待しながら、人生の大部分を過ごしてきた。 

自分のカップを歓びで満たしてもらおうとして、他人やこれからの人生に起こるかもしれない出来事に期待し続けていたのでは、癒されぬ渇きを経験することになる。 

このように他のものに期待していると、満足を得るためには、次から次へと環境を変えなければならず、人を変えなければならず、次々にアドレナリンの分泌を、新しい車を、エキゾチックな休暇を、よりたくさんのお金を、より強力な権力を、より大きな名声を求めるようになる。

広瀬さんから紹介いただきました。

クリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事が7月に慶応大学で行ったタウンホール・ミーティングの動画です。 




グーテンベルグの印刷技術以来、人々の暮らしが変わった。印刷技術が我々にもたらしたものは: 

1.コミュニケーション 
2.コンペティション 
3.コラボレーション 

である。これを「三つのC」と呼んでよい。 

今、我々はグーテンベルグ以来の大きな変化を経験している。それはインターネットだ。 
インターネットによって世界と「つながる」というのはTransformational experienceだ。 
しかしそれは同時に怖い事でもある。我々はどうやってこの脅威を乗り越えればよいのだろうか?それには: 


1.ダイバーシティの豊かさ(richness of diversity) 
2.リスペクト(相手の尊重) 
3.トレランス(相手の許容) 

が必要になってくる。特にwelcoming of difference(相手が自分と違うことの歓迎)という態度が大切だ。若い人は: 

1.敢えて相手の違いを容認しろ 
2.敢えてチームで物事に取り組め 
3.敢えて人と違う考え方をしろ 

とりわけ自分と反対の意見も尊重することは、とても重要なことだ。例えば就活の際、他の生徒と同じような考えしか言えない生徒は面接者に覚えてもらえない。敢えて人と違う考え方を述べる事で、自分を印象づけられる。 


そしてBe desperately optimistic(思いっきり、楽観的)であれ! 

なぜなら人生とは変化であり、我々は好むと好まざるにお構いなく、いつも変化の波に晒されるから。変化は時として辛い。だから楽観的な世界観を持たないと前に進めない。 

我々より昔にも変化はあった。我々の後にも変化は来るだろう。 
我々が出来る事は、いま眼前にある変化に「参加」することだ。 

正直言って、最終的には楽観主義者も悲観主義者も結果は大して変わらない。なぜなら、楽観主義者も悲観主義者も、全ての人々が間違うからだ。 

でも楽観主義者なら、その場合でもハッピーで居られる。

このページのトップヘ