人生という名の遊び場で、いま、ここを活かされ、すてきに活きる

時代の本質をとらえた、心に残るすてきなメッセージ[構想、視点、こころ]と、新たな気付きをあなたに届けます。みずみずしく、活き活きとした、すてきな旬(ときめき)を一緒に探しにいきましょう。      ◆◇たきがみ博士が選ぶ”すてきなメッセージ”のおすそわけ◇◆

2015/04

「瞑想」をして変わったこと

01.ひとつひとつのことへ集中力が増した

やるべきことひとつひとつに集中し、確実に終わらせる。そんなシンプルなことでさえ、実践するのはなかなか難しいものです。しかし、朝に瞑想をしてひとつのことに集中すると、気持ちが整い集中力があがるようになりました。

やるべきひとつのタスクにだけ集中し、それを完遂したら次のタスクへ、という流れがとても簡単に実践できるのです。


02.話す前に整理して考えられるようになった

瞑想を習慣にする前は、思いついたことをそのまま口にしていました。しかし今は、一呼吸おいて、自分の言おうとしていることについて考え、思慮を持ってから答えることができるようになりました。

この一呼吸で、自分の言おうとしていることが明確になり、言うべきことを言えるようになりました。そして話したあとは、自分はその状況に対して最善のことが言えているのか、自分が次にこのような状況になったときもっとうまく立ち回ることができるか、と考えられるようになりました。


03.トラブル耐性が強くなった

よく起きる細かいトラブルがあまり気にならなくなりました。渋滞にあっても我慢できるし、長い列に並ぶことも気になりません。

トラブルを他者の視点から見ることができるようになり、物事がどうして起きているのかに目が向けられるようになったのです。他人の些細なミスや、間違いに対しても受け入れられるようになり、他の人に対しての接し方が変わり優しくなりました。


04.メリハリがついてエネルギッシュになった

瞑想をしてからはカラダの内側から元気になるように感じました。いつもより短い睡眠でも、朝体力がフル回復した状態で起きられるようになったのです。

1日の仕事が終わっても、ランニングにいったり友だちと会ったりするエネルギーがまだ残っているのです。


05.自分のカラダによいものを食べるようになった

これは呼吸に意識をむけてカラダの内側のことを考えるようになったことの効果なのですが、スーパーやレストランで欲望のまま食べたいものを選ぶことがなくなりました。

食品を選ぶ前に、これを食べたら自分は本当に気分がよいかということを考えられるようになり、その基準によって食べ物を選ぶことができるようになったのです。


06.テレビをあまり見ないようになった

テレビを見たいという欲求は驚くほどなくなっていきました。その代わり、自分がよりよい人間になるために投資する時間を持つことができるようになりました。

読書をしたり、ランニングをしたり、友人と会ったり、自分のウェブサイトを作ったり。本当にやりたいと思えるようなことに時間を使えるようになりました。


07.日常の些細なことに感謝できるようになった

瞑想は自然とのつながりを深くしてくれます。それまで気づかなかった自分自身の周りにある美しいものに気づき、立ち止まり、恩恵を受けることができるようになりました。今までは気付かなかったような些細なことですら感謝できるようになりました。

木の触れ合う音も、美しい夕暮れも、立ち止まってその奇跡に感じ入りその瞬間に没頭するのです。自分が自然の中に存在しているのだと感じられる瞬間でした。


08.自分がバージョンアップした

これが瞑想の一番の恩恵なのですが、自分自身が誰で、何ができるのかが理解できるようになりました。ほかの人に自分の感情をもっとシェアできるようになったのです。

自分が本当は何者であるのかということに対して自信をもつことができ、リスクをとれるようになりました。人生で本当に大事なことが分かり、自分のやりたいことだったらなんでも挑戦できるようになったのです。



カイル・ロビンソン
弁護士であり、起業家。ライフスタイルメディアMindBodyGreenで、健康的な生活スタイルを提唱している。
 

行き過ぎた資本主義は「自壊」する

最近、欧米を中心に話題になっているのが「2017年問題」です。

1987年  ブラックマンデー
1997年  ITバブルの崩壊
2007年  サブプライムショック

見事に10年周期でバブル崩壊を繰り返すアメリカですが、次なる危機は「2017年」に起こるのでは無いか・・・そう囁かれ始めています。


リーマンショック以降、アメリカを始め世界の国々で貧富の差が拡大しています。
中央銀行による金融緩和は、金融システムを延命させると同時に、資産を持つ者をますます豊かにしました。一方でバブル崩壊によって縮小した実態経済は容易には回復せず、貧しい者の所得は低下し、あるいは失業から抜け出せない人達が大勢います。

アメリカの雇用統計を見ていると雇用は回復していますが、平均所得は低下し、就職を諦めた人達が雇用統計からこぼれ落ちてゆきます。

こういった不満はマグマの様に次第にエネルギーを溜め、「警官による黒人の殺害」という事件が起きる度に暴動が発生し、そしてその規模は次第にエスカレートしています。

昨年8月にもミズリー州ファーガソンで大規模な黒人暴動が起きましたが、これらの暴動の映像が繰り返しTVニュースで流れる度に、貧困層の中に怒りのエネルギーが高まって行くのでしょう。

多分、「次なる金融危機」が発生したならば、アメリカ各地で似た様な暴動が発生し、もしデモ鎮圧で複数の死者が出る様な事態になれば、警官隊と暴徒との間の銃撃戦が起こるかも知れません。
そうなれば、全米各地が内戦状態になり、米国債やドルの信用が一気に失われる事になるかも知れません。

150429JP-Morgan-Silver

 1. SNSに接する時間を減らす
   ネット中毒、そしてFacebook中毒になっている人は少なくない。
   何の目的もなく、気づいたらページを開いている人も多い。
   現実を見れば、やるべきことは見えるはずだ。

 2. 気の合わない友達と縁を切る
   一緒にいて居心地が悪ければ、その人とは距離を置いた方が良い。
   あなたの時間は無限じゃない、一緒にいて幸せな人と時間を増やそう。
   八方美人になっているほど、人生は長くない。

 3. 断る勇気をもつ
   やりたくないと思ったら、断ろう。嫌々やっても結果は目に見えている。
   やる気のない人間の集中力をあげる方法はない。

 4. 家族に感謝を伝える
   最後に家族に「ありがとう」と言ったのはいつだろう。
   照れくさくても、出来る限りたくさん感謝の気持ちを伝えよう。
   家族だけでなく、あなた自身も幸せを感じることができる。
   特に親孝行は、後悔する前にしておこう。

 5. 何かを選択する時は直感に従う
   人生の様々な局面で難しい選択を迫られることがある。
   その時は、自分の直感に従おう。
   案外、頭で考えすぎるとその選択に後悔する。
   人間の脳は世界のどんなコンピューターより膨大な量のデータを瞬時に
   計算できる機能を持っている。

 6. 同窓会には出席しない
   大して仲良くなかった人たちとの同窓会に、何となく出席するのはやめよう。
   大事なのは、あなたにとって今大切な人達だ。

 7. 家族写真を撮る
   家族や親戚で集まったら家族写真を撮ろう。かけがえの無い時間を、形に残しておこう。

 8. 昇給をお願いする
   もちろん、努力をした後での話。
   自分の仕事ぶりが昇給に値すると思ったら、勇気を出してお願いしてみよう。
   吉と出るか凶と出るかは・・・わからない。

 9. 旅行中はケチらない
   旅行の時くらい、躊躇せずにお金を使っても良い。
   かけがえの無い経験をお金に代えることなんて出来ないのだから。

10. 自分の意見をはっきり伝える
   相手を気遣いすぎると、自分の意見を伝えるのに尻込みするかもしれない。
   でも、思い切って伝えてみよう。案外相手は平気なものだ。

11. 食事中はスマホを使わない
   友達や家族との食事中は、スマホをいじってないで目の前の人との会話を楽しもう。
   その瞬間は2度と訪れないものだから。

12. 他人の幸せを祝福する
   友達に幸せな出来事が起こった際は、素直に祝福しよう。
   羨ましいと思っても、そこはグっと我慢。
   自分がしてもらって嬉しいことは、他人も嬉しいに決まってる。

13. 好きな人に、好きと伝える
   どんな些細なことでも良い。大切な人に何かしてあげよう。
   好きなひとに思いを伝えよう。
   コトバだけじゃなくてもいい。好きを全力で伝えよう。

14. たくさん旅をする
   旅は旅行だけを意味している物ではない。人生は旅だ。
   知らない土地を巡り、色々な景色を楽しもう。

15. 間違えても凹まない
   間違えることは悪くない。正解への誤差が何なのかを正しく知ることが大切。
   間違いは素直に認め、気持ちを切り替えて次にやるべきことを見いだそう!

16. やりたいことを我慢しない
   人生は短い。
   やりたいことを実際にどうすれば出来るかを考えてすぐに行動に移そう!
   やりたくないことよりやりたいことを優先しよう!

17. 困っている人を助けよう
   誰かの為にする行動が、あなたの毎日を変える。
   その時あなたが目にした困っているひとは、
   あなたにしか助けられない人間かも知れない。
   行動しよう。

18. 苦手なことを諦める
   苦手なことは、他の得意な誰かに任せた方が早い。
   無理に頑張ってやってもお互いのためにならない。

19. 常識を捨てる
   そこにある常識を疑おう。
   それが本当に適切なのかどうか、なぜそうなっているのかを考えよう。
   盲目になっているために見いだせていない答えが日常には沢山ある。

20. 買い物で迷ったら高い方を選ぶ
   高くても迷うのは、それだけの魅力があるから。
   安いのに購入を迷うのは魅力がないからだ。
   高いものが自分の予算とかけ離れていたら迷えない。
   値段で迷ったら妥協せずに高い方を買う決断をしよう。

21. 死ぬまでにやりたいことを全て書き出す
   人生はあっという間にすぎて行く。
   やりたいことがわからなければ、
   自分がやりたいことにどれだけの時間がかかるのかわからない。
   まずは何でも良いから書き出してみよう。
   今すぐ動き出す必要があるかも知れない。


*涙が止まらないから転載



インダストリー4.0

開発・生産工程、サプライチェーンをすべてインターネットでつなぎ、人間の手を介さず自律的に進化するドイツ型スマート工場を世界中に展開しようという壮大な構想だ。

デジタル化で「つなげる」

 開発・生産工程、サプライチェーンの情報をリアルタイムで収集・分析して、工場にフィードバックし、消費者ニーズに応えるきめ細かい製品開発から販売までの時間を短縮する統合システムは決して新しい概念ではない。三菱電機の「e-F@ctory(イー・ファクトリー)」しかり、「TIA(トータリー・インテグレーテッド・オートメーション)」と呼ばれるシーメンスのデジタル工場しかり。会場を訪れた日本のエンジニアからは「日本の技術はドイツに負けていない」「インダストリー4.0と言っても、日本の企業は個々に取り組んでいる。ドイツの取り組みもまだ各企業レベルだ」と複雑な反応が聞かれた。

 インダストリー4.0の核心はデジタル化によって「つなげる」ことだ。「エンジニアリングはドイツの生命」と言われるが、ドイツの製造業は2つの敵にはさみ撃ちされている。まず、低コストを武器にする中国やインドなどアジアの新興国に激しく追い上げられている。次に、グーグルやアップルなど米ネット企業はインターネットやクラウド技術で世界中のデーターを幾何級数的に集め、最先端の3Dプリンター技術で製造業の「下請け化」を目論む。欧州連合(EU)が何かにつけグーグルと衝突するのは、プライバシー保護やネットビジネスの独占排除という大義名分もあるが、欧州経済のエンジンであるドイツの製造業を守ろうという強烈な生存本能が働いているからだ。

 ドイツ政府は2011年にインダストリー4.0構想を打ち出した。第1次産業革命は18世紀後半の「蒸気機関による自動化」、第2次産業革命は20世紀初頭の「電力の活用」、第3次産業革命は1980年代以降の「コンピューターによる自動化」、そして第4次産業革命が「IoTによる自動化」という位置づけだ。メルケル首相の強力なリーダーシップでドイツ機械工業連盟、ドイツ情報技術・通信・ニューメディア産業連合会、ドイツ電気電子工業連盟の3団体を含め、シーメンス、ボッシュ、フォルクスワーゲン、ドイツテレコムなどドイツの主要企業が参加している。

 三菱電機のドイツ人関係者が打ち明ける。「日本企業は日本市場にフォーカスしすぎた。シーメンスはグローバルに展開している。三菱電機のe-F@ctoryとシーメンスのTIAはコンセプトは似ていてもスケールと歴史の厚みが違う。日本企業は経営判断が遅く、市場が取れない。技術の高さを活かして、コンポーネント(構成要素)として生き残りを図るしかない」

続きを読む

食養生とは、文字通り ”食で命を養う“ということ。
私たちの身体は食べ物から摂る栄養素でつくられているため、食を整えることが健康を保つ一番の基本となります。

旬の食材を上手に取り入れることもポイントです。
自然の恵みとはよくできたもので、夏には身体を冷やす食材が、冬には身体を温める食材が多くなり、それぞれ季節に合った働きで自然と身体を整えてくれます。

食養生とは何をどのように食するのが健康維持のために良いのかという、多くの先人たちから踏襲されている英知のことです。
つまり、食べ物について学ぶだけでは成り立ちません。自分を知り、自然と調和し、身体に摂り入れる食物について知ることなのです。

1.薬食同源
中医学では、薬と食物とは一体のものという解釈があります。
古代からの長い生活の中で、味覚的に食べやすいものを日常的な食物としてとらえ、身体に変化をきたす偏性の大きいものを薬物として利用するようになったと考えられます。

2.一物全体
近代栄養学と大きく異なる点で、食物を全体としてとらえる考え方です。
食物を全体としてとらえ、その効用を健康維持に役立てます。
魚も、頭から内臓、尾まで全体が生きていると考え、その全てを摂取します。
野菜や食肉も同様の考え方をします。

3.天一合一思想
人間は、地上に存在する他の動物や植物と同じように、自然界の構成要因の一つであり、自然の大きな循環の中で生かされている、とする考え方です。


150428よく活き、よく老い、よく死ぬ





【理想的な食事】

ご飯とみそ汁、野菜の煮物、小魚、海藻など、野菜中心の和食がおすすめです。

一番大切なのは、楽しく食べること、感謝して食べることです。

いくら体に良いものを召し上がっても、強制されて美味しくないと思って召し上がると毒になってしまいます。
家族のことを思ってお母さんが作ったご飯とみそ汁、温かい家庭が一番体に良いのです。


小豆入り玄米ご飯

<材料>
・玄米  3合
・小豆  1/4合
・天然海塩  小さじ1

<炊き方>
玄米と小豆を水洗いし、炊飯器に入れ、塩を加える。
3.5合の玄米の水加減で、玄米モードで炊飯する。

・天然海塩を入れる理由
玄米は毒素の排泄作用がありますが、体に必要なミネラルまで出て行ってしまうため、
日本産の天然海塩を入れます。
 
伯方の塩や赤穂の塩は、海外産であまりミネラルが含まれていないため注意が必要です。
また、日本産であっても、イオン交換膜と書いてあるものはミネラルが少ないです。
ポイントは、製造方法の工程が「天日・平釜」と記載されていることです。

・小豆を入れる理由
小豆を入れると玄米独特のぬか臭さがなくなり、食べやすくなります。


続きを読む

出口なきQEで金融破綻に向かう日米

QEは国債金利を下げるための政策だが、QEによって国債金利が人為的に下げられていることを国債投資家の全員が知っているため、QEを減額した時の金利高騰が恐れられ、民間市場で国債の売れ行きが悪い。

日銀のQEが新規国債の大半を買い占めているため、民間の国債市場は供給も需要も先細り、わずかな衝撃で金利が激しく上下する。

この不安定を恐れて投資家がますます国債を買わなくなり、QEで国債購入用の資金が無限大にあるのに、下がるべき金利が逆に高騰してしまう。

QEによる国債金利の高騰は「起きるか起きないか」でなく「いつ起きるか」の問題になっている。

人民元は今年中にSDRに入るだろう。元は、世界が多極型の複数基軸通貨体制に転換していくなか、基軸通貨の一つになる。

一方、金地金のSDR加入はまだ先かもしれない。
元や金地金の先行きを決めるのは、元や金自身でなく、ドルの延命策がいつ破綻するかによる。
日銀のQEなどゼロ金利策の長期化により、日米の国債の値決めが困難になる信用不安が起きているのが、今の最大の金融不安だ。

この信用不安が拡大・顕在化するかどうかが、今後しばらくの注目点だ。
 

池尾和人・慶応大学経済学部教授に日本の異次元緩和の行く末を聞く

昨年10月に日銀が発表した追加緩和で、日銀による年間の国債買い入れ額は80兆円と、政府による新規国債発行額約50兆円を上回ります。ターナー氏は、「日銀が買い上げた国債を永久に保有し続ければ、日銀が保有する以外の債務の残高は減っていくことになる。これは明かにマネタイゼーションだ。

従来の考えでは危険なインフレを招くことになるから中央銀行としてはタブーの措置とされてきた。しかし、満期を迎えた国債の資金で新たに国債を買い入れ続ければ永遠に保有できるのだし、その分、経済を活性化できのだから実は何ら問題はない」と主張されました。本当に「問題ない」と言い切れるのでしょうか。


最近、日銀が大規模緩和を続けても問題は発生しないという主張を超えて、貨幣発行益(シニョレッジ)で財政負担を軽減できるといった論調が増えてきています。

 しかし、こういう議論は、言ってみれば中央銀行というのは、「鉛を金に変える錬金術が使えるんだ」という話です。打ち出の小槌を持っているというか、一種の錬金術が可能だという話です。もし打ち出の小槌が存在すれば、こんなに嬉しい話はない。あからさまに打ち出の小槌の存在を主張しても誰も信用しませんが、貨幣発行益といった専門用語を使ってもっともらしく説明されると、願望としてはそういうのがあってほしいと思っているから、「あり得る話ではないか」と人々を惹きつけてしまうところがあります。でも、打ち出の小槌は存在しないというのが、本当の現実です。


国債をあまり大量に発行したら、「国債価格が暴落するのではないか」と言われてきましたが、そんなことはこれまでは全然起きていない。「国債暴落」なんてイソップ童話の「羊飼いと狼」と同じで、オオカミ少年が言っていることに過ぎないと嘲笑する人もいます。

でも、この童話では最後には狼が本当に来るんです。永久に狼が来ない、という話ではありません。

 続きを読む

<酪酸菌>

酪酸菌は増殖の際に酪酸・酢酸・プロピオン酸などの有機酸を作る腐敗防止細菌です。

酪酸菌は100℃にも耐えうる胞子(芽胞)を形成し増殖が出来ない場所、例えば強酸・強アルカリ、或いは乾燥条件下にて活動を停止(休眠)し、環境が良くなると改めて生育を開始します。そのため動物の腸内に生きたまま届くことができます。

 

酪酸菌はビフィズス菌、乳酸菌の発育を助ける働きをもっています。酪酸菌はヒトや動物にとって必要な有機酸を作ります。

ストレスを受けたり、腸の中に住む微生物のバランスが崩れるとおなかをこわしてしまいます。このとき非揮発性脂肪酸(コハク酸など)が増えています。しかし酪酸や酢酸、或いはプロピオン酸などは腸の粘膜を修復して健康な状態に戻す働きがあるのです。酪酸は粘膜の傷を修復し、小腸の繊毛運動を活性化する働きが確認されています。

 

がん細胞の発育を抑制したり、クローン病とか潰瘍性大腸炎になるとこの酪酸菌が減少するといわれています。腸内細菌の世界では注目を集めています。腸内細菌の善玉菌には乳酸菌、ビフィズス菌、と並ぶ善玉菌で酪酸菌があり、その働きは悪玉菌を減らす乳酸菌をパワーアップさせる働きがあります。

 

酪酸菌は、一般的におよそ10億個あるといわれています。 酪酸菌は食物繊維を餌に増える性質があるため、普段から食物繊維を多く摂取する食生活をすることで増やす事ができます。

 

<乳酸菌>

乳酸菌は、腸内の環境を良くするために欠かせない善玉菌の一種で、腸の中で糖を分解して乳酸を作り、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしたり、

栄養素の吸収を円滑にする働きがあります。

また、善玉菌が増えることで腸内環境を悪くする悪玉菌を減らすほか、便秘によって起こる肌荒れを改善するので、美肌効果も期待できます。

腸には約6割にあたる免疫細胞が集中しており、腸内環境を整えることは免疫細胞を活性化させて免疫力をアップすることにもつながります。

 

乳酸菌は、動物性乳酸菌植物性乳酸菌に分けられます。

植物性乳酸菌は、野菜や豆、米や麦などの植物素材を発酵させる乳酸菌のこと。 日本では漬物や味噌、米の発酵食品など、さまざまな食品に

生育しています。

植物性乳酸菌は、伝統の発酵食品をつくる大切な乳酸菌です。 

牛乳などに棲む動物性乳酸菌が栄養過多な環境で暮らすのとはちがって、植物の上に生息するので、栄養不足などの過酷な環境にも耐えられ、

他の微生物と共存できる生命力の強さを持っています。

一方、発酵した「乳」に生育するものは動物性乳酸菌と呼び、それぞれ区別しています。

 

動物性乳酸菌は、腸に届くまでの間に、ほとんどが死滅してしまいます。これは、胃酸や腸液などが乳酸菌を殺してしまうことに原因があります。

これに対して、植物性酪酸菌・乳酸菌は胃酸や温度の変化で死滅することなく、腸内にまで届くことができるのです。

 
酪酸菌、乳酸菌について、詳しい情報はこちらで確認してください。 



今、ひそかなブームと成っている「玄米酪酸菌・乳酸菌」、

これを飲むことで、自然に体内のSTAP細胞を活性化し、細胞の再生化が活発になります。


岡山大学医学部の研究によれば、腸内微生物から乳酸菌が消えると、人間(とくに老人)は死亡するというのです。
このことから人間の健康にとって、乳酸菌は絶対に必要だということがわかります。

人体五臓六腑の掃除は、この酪酸菌・乳酸菌がやってくれるのです。腐敗菌も病原菌も即死させてくれます。

しかも、お漬物やヨーグルトだけでなく、お掃除や歯磨きにも使うことが可能

玄米で乳酸菌をつくることができるのは、玄米の皮(米の籾)に乳酸菌が含まれているからです。米の籾には、酵母や麹も共生しているので、これらの相乗効果によって雑菌などの侵入を防いでくれます。

さらに、乳酸菌、酵母、麹などの微生物は、タンパク質や炭水化物などの栄養分を分解する酵素を持っているので、お掃除や歯磨きにも効果的! 
ほかにも、アミノ酸やビタミンDなどが含まれているので、これら総合的な働きによって、いろいろな活用法が生まれるのです。


◇玄米酪酸菌・乳酸菌のレシピ

 ・無農薬玄米    1.3合
 ・天然水        2 L
 ・天然粗塩      20 g
 ・黒砂糖       60 g


1.水 0.5 L に玄米 1合を入れ、1日ひなたに置く。

2. 1.に塩 15 gと残りの水 1 Lを入れ、1日ひなたに置く。

3. 2.に黒糖45 gを入れ、3~5日間ひなたに置く。

   玄米酪酸菌・乳酸菌、不老長寿ドリンクの出来上がりです。


<玄米酪酸菌・乳酸菌ヨーグルト>

 ・豆乳            1,000cc
 ・酪酸菌・乳酸菌      250cc

この乳酸菌250ccと豆乳1,000ccを合わせて、約一日常温で置くと、STAP酪酸菌・乳酸菌豆乳ヨーグルトの出来上がりです。

DSC02145

DSC02147

DSC02148

DSC02151

DSC02140


*牛乳を使ったヨーグルトよりもうまいです。
 

 ★ 一説によると、熊本大学で研究され、理研に委ねられた培養液は「玄米乳酸菌」。

   小保方さんは、その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。
   そんなものを作られては、医薬品業界の一大事!
   あわてて封印され、アメリカの薬品会社が特許出願したとの事。



◇◆ 症状対応(部分最適)から、すてきに活きる(全体最適)アプローチへ ◆◇


150428よく活き、よく老い、よく死ぬ


150517-2

 
植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌を試してください。 手作りなのでたっぷり使っても経済的です。

便秘解消という結果のマネジメントから、結果を生み出した原因(プロセス)をマネジメントしてください。


約8日間で、旬(ときめき)亭オリジナルのぜいたくな植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌2リットル、[不老長寿ドリンク]の出来上がりです。 
植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌をストレートで、お茶・お水代わりに飲んでください。 (朝一番、昼間、就寝前などに50cc程度を) お風呂に入れてもOKです。

★植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌を飲むことで腸が快調になるだけでなく、飲み込む前に口の中でくちゅくちゅすれば、口内炎、歯槽膿漏への対策として効果を期待できます。  
さらに、アトピー性皮膚炎でお困りの方は玄米酪酸菌・乳酸菌を肌に塗ってください。お風呂に入れても良いです。効果を実感できます。


植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌、豆乳ヨーグルトを試してください。 手作りなのでたっぷり使っても経済的です。

ヨーグルトとは乳に乳酸菌を混ぜて発酵させた発酵食品なので、
豆乳に植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌を加えてつくった玄米酪酸菌・乳酸菌豆乳ヨーグルトは、一般的なヨーグルトではありません。
また、自家製だからこそ玄米酪酸菌・乳酸菌の割合が20%とぜいたくに乳酸菌を使用します。だから腸の調子が本当に快調(快腸)になるのです。
 
 

グローバル世界で活躍する日本人を育てる

組織を離れた「個人」としてアメリカで診療、研究、教育に携わり、ユニークなキャリアを積み上げてこられた黒川清先生。

黒川先生が委員長を務めた国会の立法による東京電力福島原子力発電所事故調査委員会の報告書は、世界で高い評価を受けました。

その報告書で指摘された日本社会の大きな問題点は、国民の安全よりも前例の踏襲や組織の利益を優先する組織依存のマインドセットです。

日本の常識として染み付いた「単線路線」を抜け出し、日本人が世界で活躍するために必要なことは、・・・。
 
教育の本質は、特に大学教育においては、「自分は何をしたいか」に気づかせ、見つけさせる「場」であると考えています。若者たちそれぞれがやりたいことを見つける「場」、そして人生のいろいろな場面でより良い選択ができる感性の育成。これがリベラルアーツだと、私は思っているのです。若い人たちは「自分はこれがやりたいんだ」ということに気づいたその瞬間から、誰かに何かを言われなくても何だってやるようになります。やりたいことをやっている時はつらいことがあっても楽しいからです。それが何なのかは人によって違います。だから自分のモチベーションがどこにあるのかを探してほしい。その方向性は、家庭、環境、育った社会などによって15歳ぐらいで大体決まっていると思います。
 続きを読む

人生をシンプルに生きるために大切なこと

01.すべてを思い通りにしようとしない

すべてをコントロールしようとすることを忘れること。目標を達成するための努力と、すべてを思い通りにしたい欲望とは違う。毎日ゴールに向かって1歩ずつ足を進めるが、やがて人生はほとんど、思い通りにならないことを悟る。

何もかも思い通りにしようとすると、小さなことにまでこだわってしまう。ひとたび物事が自分の計画からズレると、大げさにその場に崩れ落ちてしまう。

ゴールを目指していながら、変化に柔軟に適応することが大切。最高のプランは、いつだって思い通りにいかないものと知ろう。


02.どんどん増える心の重荷、自分や他人に借りをつくらない

あなたが抱えている負債は、どんどん重荷になっていくだろう。借金をしないこと、人からお金を借りないこと、借りてしまったら早いうちに返すこと。
明日の自由を楽しむためには、今日の我慢が必要なのだということを覚えておこう。そして、今日すべきことを明日に持ち越しにしてしまうと、明日にやらないといけないことが積み重なり、身動きが取れなくなってしまうことも。

他人にも自分にも借りをつくらないほうが良い。


03.必要のない、モノや人間関係を断つ

あまりに多くのものを持ちすぎると、本当に大切なものを見失ってしまう。不要なものを手放し、心から好きなものに囲まれて暮らせば、今何が手に入れたいのかもはっきりとしてくる。余計なモノや人間関係に、あなたの大切な時間を奪われないようにしよう。だから、八方美人になる必要はないし、倉庫に思い出の品を貯めておかなくても良い。


04.ゆっくりする日があってもイイ

同窓会や、飲み会・・・充実させたいと思って、予定を詰め込みすぎていないだろうか。たまには「ゆっくりする」という予定を入れて深呼吸してみよう。複雑になっていた心や考えが、ふっと解けるだろう。


05.アレもコレも欲張らない

人生における目標を持ちすぎてはいけない。2つ程度に絞ることで、より具体的になり、ゴールに近づけるようになる。1つが達成したらまた1つ増やしていこう。欲張っていては何も手に入らないものだ。


06.スッキリした心でいたいから

シンプルに生きるには、自分も他人もありのままを受け入れることだ。批判をして、他人を変えようしてはいけないし、人と比べて嫉妬をしても仕方のないこと。恨みや嫉妬をもたないようにすれば、頭の中を幸せなことだけでいっぱいにできるはず。


07.長いスピーチに魅力なし!

もっと簡単でストレートな言葉で表現しよう。人前でのスピーチでは尚更、短く簡潔にまとめた方が説得力を増す。言葉はあなたという人間を表現するものだ。複雑で伝わりにくい話しを長々としている方は要注意。まずは要点を3つ話してから、話はじめることがおすすめ。


08.内側からシンプルに

漂白されたお米やパン、カロリーゼロに含まれる人工甘味料・・・。人工的な食材を避けることで身体はリセットされ、本当に欲しているものが分かるようになる。内側からもっと輝こう!


09.心もカラダも疲れさせる画面に触れる時間を減らす

パソコン、テレビ、ゲーム、携帯電話などの画面を見続けていると、知らないうちに疲労が溜まってしまう。SNSやスマホに、気がつけば手が伸びているあなたは要注意。目の疲れは、肩こりや頭痛、倦怠感などの症状の原因となるものだ。休日は画面から目を離して、その代わりに軽い運動と取り入れてみては?


10.何事も1つずつ進める

複数の作業を同時にこなそうとすると、ストレスは増え、生産性も低くなる。1つのタスクが終わったら、次に取り掛かればいい。マルチに進めるよりも、モノタスク(一つのこと)に集中しよう。頭の中を複雑にせず、焦らず丁寧に一つ一つ進めていくことが、心の余裕につながるのだ。

脳卒中は、 脳血管が破れて出血したり、血管に血栓がつまり、脳組織へ十分な血液を届けられなくなるために起こります。

また、アルツハイマー病は脳の血流低下が主な原因です。

脳の血流低下を防ぐことは、認知症予防にもつながります。

私たちの脳の血流は加齢とともに低下します。

男女ともに70歳になると、脳の血流は15歳のときと比べ、30%以上減少するといわれています。
 
高齢になると認知症を発症しやすくなるのは、加齢によって血流が低下するからです。


      ★☆ 認知症の改善、予防館 旬(ときめき)亭 ☆★

150429食養生





イチョウ葉の効果

イチョウは約2億5千万年前から地球に存在し、度重なる地球の変化を乗り越えてきた強じんな植物です。
中国では何千年もの間、記憶力を回復させ呼吸困難を和らげるために、昔から伝わるイチョウの果実や葉を利用してきました。

イチョウ葉エキスの主成分は13種類のフラボノイドとギンコライドという物質で、治癒力はこれらの物質によってもたらされます。

その中にはイチョウ葉にしか含まれない特殊な二重フラボンが6種類も含まれています。

このフラボノイド「二重フラボン」には、血管(特に毛細血管)を拡張し血行を促進させる機能の他、脳動脈、心臓の血流を増加させ、また血管自体の硬化を防ぐ機能が発見されています。 

特に脳や毛細血管の血行が大変良くなるため認知症(ボケ),高血圧,耳鳴り,神経痛,頻尿,冷え性,アレルギー,花粉症の改善などに効果があります。

つまり、イチョウの葉には血液自体をきれいにする作用(血糖値の正常化、活性酸素の除去)と、身体の血管を丈夫にする作用(細部の毛細血管にいたるまで)があるということです。

血流改善効果のみならず、血栓形成の防止、アレルギー抑制、活性酸素の除去などの効果も確認されており、痴呆予防や、記憶力減退の改善にも使用されています。

フランスやドイツでは1970年代から脳血流改善剤として用いられてきていますが、わが国では医薬品としては認められず、健康食品扱いになっています。



★老いた自分と仲良くつきあう

世界中で認知症の人が増えてきています。
自分が自分のことや家族のことを忘れていくことは、とても恐ろしいことです。国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁医師は、特別養護老人ホームにて認知症の人たちとともに過ごし、介護に関わることで、認知症老人を大きく3つタイプに分類できることが分かりました。

それは、「葛藤型」「回帰型」「遊離型」の3つであり、いずれも「老い」や「障害」を受け入れられず、老いた自分と一緒にいられないことが特徴です。

1.老いた自分を認めたくない「葛藤型」

情緒不安定で、何かをきっかけに怒りをあらわにしたり、おびえたり、暴言を吐いたりするタイプで、中には暴力をふるう人もいます。
このタイプの人は、もとは礼儀正しく真面目で、高学歴であった人、先生をしていた人、役職についていた人に多いです。

老化や障害を持ったことで、仕事をバリバリやっていた時とかけ離れてしまい、まわりの役に立っていない、なんとか自分を取り戻したいともがいている、でも現実的に老化と障害は治せないので葛藤し、怒りをあらわにしてしまいます。 


2.過去に戻ってしまう「回帰型」

孫や若い介護士さんを小さかった頃の息子や娘と思いかわいがったり、仕事があるからと家を出たり、あるいは過去に住んでいた所まで歩いていこうとするなど、今を過去と思い、人生の中で最高だった頃に帰ろうと、徘徊を主な症状とするタイプです。

若い頃から働き者で人から頼りにされていた人がなりやすく、男性であれば家族を養うために働いていた頃、女性であれば育児をしていた頃に帰りたいと、今ではなく、働くことで生きがいを感じていた頃の自分に帰ろうとします。 


3.自分の世界に閉じこもる「遊離型」

おとなしくニコニコとしていたり、何も話さなかったり、何もしないでじっとしていたり、まわりに興味を示さなかったり、寝てしまったりします。
昼間は静かでも、夜になると大きな声で歌ったり、独り言をブツブツ言い出したりすることもあります。

おとなしく素直で、自己主張が少なく、親や配偶者への依存が強く、従順なタイプだった人が遊離型になりやすく、現実の老化や障害をもっている自分では何もできないと、あきらめを感じ、自分とまわりとの関係を遮断し、遊離してしまっているのです。 


今の自分と仲良くする生き方

3つの認知症のタイプは、いずれも老化によってもたらされる障害、例えば、物忘れがひどくなった、排泄(小便・大便)機能の低下、転んで骨折、配偶者の死、体力・筋力の衰え、足腰の痛みなど、様々な変化を悲観的に捉え、心が折れてしまっているのが特徴です。

老化は人として生きていく上で、自然な現象です。肉体的にピークな時は20代であることを思えば、30代から老化が始まっているのです。
それはある意味、人間は年を追うごとに障害がプラスされ生きていく生き物ともいえるでしょう。

30代から順に起こる老化を、あなたはどんな風に捉えているでしょうか。捉えてきたでしょうか。
体が冷える、体力が落ちる、白髪が出てくる、その度に悲観的に捉えていれば、老いれば老いるほどそれは強くなっていきます。

生きることは成長することだけでなく、老いることも重要な要素です。
元気な明るい高齢者の方たちは、老いても障害を持っても、そのことに前向きに取り組み解決しようとします。それは若い時からの特徴でもあります。

若い時から老化を自然なことと捉え、うまく付き合うということは、積極的な生き方に結びついているのです。 
 



 
続きを読む

若さを好むのは、じつは近代工業社会に特有の現象にすぎません。

近代工業社会は「物財の供給増加こそ人間の幸せ」と考え、次々に新しい技術を導入し、規格大量生産を完成させました。そのため、経験や蓄積よりも、素早く反応できる運動神経、長時間労働に耐えられる体力、新しい技術を速やかに覚える記憶力が重視されたのです。それには若い方が都合がよかったのです。

加えて、個性のない規格品を大量に生産するため、モノに対する愛着がわかず、使い捨ての習慣が広まりました。そこでは若くない高齢者はゴミや廃品扱いされ、使い捨てにされたのです。つまり、人もモノも新しい方がよいというのが近代工業社会でした。

さらに近代工業社会で若さが好まれ、老いが嫌われたもう一つの理由は、人口増加でした。若い勤労者が数多く生まれる人口構造になっていたため、高齢者は早期に引退し、若者に職場と財産を譲るべきだと考えられていたのです。

150414-3
 

超高齢社会では「老い」と「死」を直視して、前向きにとらえていかなければなりません。
 
「老い」や「死」を忌み嫌っていては、わたしたちはますます不幸になるからです。
今こそ幸福な「老い」と「死」のデザインが求められています。

☆★ いかによく活きるか、いかによく老いるか、いかによく死ぬか


150414-1 150414-2
 

★☆  cafe すてきに活きる  旬(ときめき)亭


あなたの人生は、今日から変わる。 死ぬ前に後悔したくない20のコト

 1. 他人がどう思うか、気にしなければよかった

他人の目は気になるもの。だが、あなたが思うほど、他人は自分の事を考えている訳ではない。もっとありのままを生きよう!


 2.  幸せをもっと噛みしめて生きるべきだった

今が幸せ!とはなかなか感じづらいもの。みな時間が経ってから気づくのかもしれない。幸せかどうかは、あなたの日々の心の持ちようにかかっている。


 3. もっと他人の為に尽くせばよかった

自分のことばかり考えていたなぁ、と他人をみて気づく事もあるだろう。誰かの為に何かをすることはあなたの人生をより意味のあるものへ変える。


 4. くよくよと悩まなければよかった

悩みがあるのは当たり前。だが、時間は戻ってくる訳ではない。誰かに相談したり、次のアクションを起こしてみて!


 5. 家族ともっと時間を過ごせばよかった

 家族にわがままを言ったり、不満を持ちながら年を重ねる人も多いだろう。だが、本当に大事な人こそ近すぎて気づかないこともある。あなたの心を許せる最大の支えこそ、家族だ。


 6. もっと人に優しい言葉をかけていればよかった

 あなたがかけられたら嬉しい言葉は、他人も同じように嬉しいと思う言葉であるはずだ。他人に強く当たってしまった事を後悔する者も多い。自分に厳しく、人に優しく。


 7. あんなに不安を抱えながら、生きるべきではなかった

つけていた昔の日記など見返したりしてみると、どうしてあの頃はあんなに不安ばかりを連ねていたのか?と思うかも。不安は抱えるものではない。次のステップへの原動力として外へ放ってしまおう!


 8. もっと時間があれば…

これはまさに、究極の後悔。なぜなら、どんな人間にも平等に時間が与えられているからだ。誰とどこで何をするか。時間の使い方はあなた次第!


 9. もっと思い切って冒険をすればよかった

何を冒険と呼ぶか。それは人に寄ってそれぞれ。だが、いつもぬるま湯につかっていてはあなたにとっての冒険にも気づく事ができない。大胆になれ!


10. 自分を大切にすればよかった

自分の心身が健康でないと、はじまらない。年をとったり病気にかかると、若いうちから自分をいたわるべきだったと思うはず。健康的な食生活や、ストレス発散、定期的な運動は今すぐスタートできることだ!


11. 他人の言う事よりも、自分の直感を信じればよかった

自分で決断することで責任感も生まれる。自分を信じて出した結果は達成感もそれだけ大きなものに。自分の心の声を常に聞く努力をしてみよう。


12. もっと旅をすればよかった

地球という美しい星に生まれてきたあなた。この世界を知りつくすのに人生はあまりに短すぎるのかもしれない。けれども、時間やお金のせいだと決めつけずに、一歩外に踏み出してみよう。あなたの運命を大きく変える出会いがあるかもしれない……!


13. あんなに働きすぎるべきではなかった

出世してお金持ちになることは、充実した人生と必ずしもイコールで結びつかない。何の為に働くか。自分に一度問うてみて!


14. もっと一秒一瞬を大事に過ごせばよかった

特に大人になって、自分の子供の成長を見るとき、いかに時間が早く過ぎるかを痛感する。一秒一瞬の価値に気づいて感謝できる人生を送りたい。


15. 子供達に好きな事をさせてやればよかった

価値観や信念の違いでぶつかりあうことだってある。だが、家族がバラバラになってしまっては意味が無い。愛、思いやり、共感はとても大切。あなたの子供を信じて。


16. 言い争いなどしなければよかった

今日目の前で話した人と、明日100%会えるという保証はどこにもない。感情だけに任せることのないコミュニケーションをとろう。


17. もっと自分の情熱に従うべきだった

安定した収入、つまらないが続けざるを得ない仕事。居心地のよい人生はなかなか捨てづらいかもしれない。だが、あなたが生まれてきた意味は、あなたらしい人生を送る事。心の情熱が燃え尽きるまで何かに没頭してみては?


18. もっと自分のために頑張ればよかった

自分自身の人生を他人のために全て犠牲にすることはない。自分の成長に終わりはない。高い壁が現れたら限界を決めずに、登ってみよう。それは全て、あなたのため。


19. もっと自分の本音を言うべきだった

黙っていて後悔した、そんな心の声が色んな人から聞こえてきそう。本音を言う事は勇気がいること。信頼のある人間関係も必要だ。すこしづつでいい、本当の自分を外に向けて発信しよう。


20. もっと目標を達成すればよかった

どんな小さなことでもいい。目標を達成しただけ、あなたの人生は豊かになる。目標が見つからなければ、目標に出会える努力をすればいい。人と会ったり本を読む。芸術に触れたり自然を感じる。全てが次につながることを信じて、何かをつかみにいこう!

 

 

幸せに生きるための哲学

私はプロジェリア症候群
でも、とても幸せな人生を送っています

こんにちは、私の名前はサムです。17歳になったばかりの高校生です。高校に入学する前、マーチングバンドでスネアドラムを叩きたいと思っていました。それが夢でした。

しかし、スネアドラムとそれにつけるハーネスは、それぞれ18キロもあります。私はプロジェリア症候群で、今体重は23キロしかありませんから、それを運ぶことは無理でした。

だから、バンドの指導者は私に他の固定された打楽器を演奏するように割り当てました。ボンゴやティンパニー、ティンバレスなどもあって、楽しいは楽しかったです。でも、私の夢はスネアドラムを叩くこと。その気持ちは誰にも止めることができませんでした。

私と家族はエンジニアと協力し、より軽く、私でも運びやすいハーネスをデザインしてくれました。努力を重ねた結果、たった3キロのスネアドラム装置を作ることができました。


さて、少しプロジェリア症候群について説明させてください。
今日、全世界で約350人の子どもたちがプロジェリア症候群を患っています。とても珍しい病です。皮膚の老化、体重が増えない、身体が発育しない、そして心臓病などの症状があらわれます。

昨年、私の母と科学者のチームが世界初の成功となるプロジェリア治療研究を発表しました。そのおかげで私はラジオ局にインタビューを受け、ある質問をされたんです。

「みんながあなたについて知っておくべき、最も大事なことは何ですか?」
私の答えはとてもシンプルなものでした。 「私はとても幸せな人生を送っています」。


私の人生にはたくさんの障害があります。その多くがプロジェリアによるものですが、私はみなさんに同情してほしくありません。私は障害のことを常に考えているわけではないし、結局はその障害を乗り越えられると思っています。その証拠として、私は今日ここに立っています。

幸せな人生を送るための私の哲学を共有するためです。

この哲学には、3つのポイントがあります。
1つめは、自分ができないことを受け入れること

なぜなら、自分ができることもたくさんあるから」ということです。プロジェリアを抱えて生きるのは大変じゃないかとよく質問されますが、私はプロジェリア症候群ではあるけれども、大部分の時間をプロジェリアとはまったく関係のないことを考えながら過ごしています。

もちろん、私が持つ障害のネガティブな部分を無視しているわけではありません。長距離を走るとか、激しいジェットコースターに乗ることができないとき、私は自分ができないことを実感します。

中には、できる方法を見つけ出せるものもあります。それは「できること」カテゴリーに入ります。先ほど話したドラムもこのカテゴリーです。私はアイデアの力で、マーチングバンドでスネアドラムを叩く、という夢を達成することができました。

そして私は、すべての夢が同じように達成できると信じています。スピーチを聞いているみなさんも、同じように夢を達成できることを願っています。


本当に大切な人と、一緒にいて下さい

私の哲学の2つめは、自分が一緒に居たい人に囲まれていることです。

私には素晴らしい家族がいて、とても親しい友達がいて幸せです。互いに外見ではなく、内面を見ています。

友達とバンドをしていて一番素晴らしいと思う時は、プロジェリアを乗り越える時です。共に音楽をつくり、良い気分に浸っているときは、プロジェリアのことは忘れてしまいます。

自らドキュメンタリーを作ったり、テレビに出演したこともありますが、私はいつも、周りの人に囲まれているときが自分の人生の頂点であるような気がしています。彼らは私の人生に、本当にポジティブな影響を与えてくれます。だから私も同じように、彼らの人生にポジティブな影響を与えられることを願っています。

私のスピーチを聞いて、みなさんが家族に感謝し、愛情をもち、友人を愛し、今いるコミュニティを受け入れることを私は願っています。なぜならそれこそが、日々の生活をポジティブにすることだからです。


勇気を持って、新しい場へ前進し続けること

3つめは、前進し続けることです。

私のお気に入りの、ウォルト・ディズニーの言葉があります。「ディズニーでは、過去を振り返らずに、常に新境地を開拓し続ける」。

私は常に、人生を豊かにするような楽しみや目標を持つようにしています。それは大きなことでなくてもいいんです。次のコミックの発売や、家族との旅行、友達と遊ぶこと、次の高校アメフトの試合にいくことなどでかまいません。そういったことのおかげで、私はいつも明るい未来に集中してきたから、困難を切り抜けることができたのです。

自分に同情して、エネルギーを無駄にしてしまうことがないように気を付けています。気分が優れないときには、その問題を受け入れましょう。そして、それを乗り越えるために必要なことをするのです。

私は小さい頃、素敵な未来をつくるエンジニアや発明家になりたかいと思っていました。家族は、常に私を一人の人間として扱い、私に自信を持たせてくれました。そして今の野望は、細胞生物学や遺伝学、生物化学などの分野に進むことです。

将来、私がどんな道を選んでも、私は世界を変えられると信じています。世界を変えようと努力しています。

それから昨年の1月、私は体調をくずし数日間入院しました。私にアイデンティティを与えてくれる人生の一部から、隔離されました。でも、回復すると信じたこと、そして体調が良くなったときのことを楽しみにすることで、私は前進することができました。

前進するには、時には勇敢でなければいけません。でもそれは簡単なことではなく、くじけそうな時もあったし、ツライ日を過ごすこともありました。でも勇敢であることを意識して、同情にエネルギーは使いません。


できないことを知り、できることに全力を捧ぐこと。
 
自分が一緒にいたい大切な人に囲まれるようにしています。そして私は前進し続けます。

この哲学とともに、みなさんの障害が何であれ、私と同じようにとても幸せな人生を送れることを願っています。

 


100歳を超えたから見える世界がある。 生きている限り、人生は未完成。
 
150411
第一章 100歳になってわかったこと
 
・百歳はこの世の治外法権
・古代の「人」は一人で立っていた
・いい加減はすばらしい
 

第二章 何歳からでも始められる

・頼らずに、自分の目で見る
・規則正しい毎日から自分を解放する
・1+1が10になる生き方
 

第三章 自分の心のままに生きる
 
・自分が一切である
・危険やトラブルを察知、上手に避ける
・あらゆる人に平等で美しい
 

第四章 昔も今も生かされている
 
・よき友は、自分のなかで生きている
・悩み苦しむ心を救った日本の文学
・唯我独尊に生きる

このページのトップヘ