「複雑系」についての講演の場で、
 聴衆の方から、ある質問を受けました。


  企業や市場や社会が「複雑」になっていくとき、
  それらをマネジメントするための技法は、
  やはり、高度で「複雑」なものになるのでしょうか。


 たしかに、「複雑系」というものを考えるとき、
 この問いは、誰の心にも浮かぶ、素朴な問いです。

 しかし、現代科学の最先端で
 「複雑系」の研究が見出したのは、
 不思議なことに、
 東洋思想に語られる、一つの「逆説」でした。


 「単純化」


 それが、「複雑系」をマネジメントするために求められる
 最も有効な技法であることを、見出したのです。

 例えば、「ツボ」や「コツ」
 例えば、「急所」や「要諦」

 複雑なシステムをマネジメントするとき、
 そのシステムの中の最も効果的な部分を発見し、
 そこに力を集中し、働きかける。

 その「単純化」こそが、
 「複雑系」のマネジメントの技法であることを、
 見出したのです。

 しかし、同時に、
 この「複雑系」の研究は、
 東洋思想における、もう一つの「逆説」を、知りました。


 「単純化」とは、最も高度な技法である。


 そのことを、知ったのです。



 田坂広志