遠い昔、米国の知人を訪ねたときのことです。
 夕方、彼は、私を誘い、
 近くの小高い丘の上に連れて行ってくれました。

 そこは、アリゾナの砂漠に沈む
 素晴らしい夕陽を見ることのできる場所でした。

 その夕陽のあまりの美しさに、
 思わずカメラを取り出し、写真を撮ろうとした私に、
 その知人は、静かに語りかけました。


  この夕陽は、
  写真に残すのではなく、
  あなたの心に残してください。


 素晴らしい風景を見るとき、
 その知人の言葉を想い出します。

 我々は、美しい風景を見るとき、
 しばしば、夢中になり、
 それを写真やビデオに残そうとします。

 しかし、そうして懸命に
 その景色を記録したあと、
 ふと、気がつきます。


 心の底から、味わい、
 心の深くに、記憶する。


 そのことを忘れてしまったことに、
 気がつくのです。


 この一瞬を、未来へ残そうとするあまり、
 この一瞬を、心に残すことを忘れてしまう。


 それは、
 記録という営みと
 記憶という営みの狭間にある、
 密やかな陥穽なのでしょう。




 田坂広志